社会、政治、経済、スポーツ、芸能ニュース、子どもニュース、ニュース速報

文化のニュース

芥川賞、直木賞 決定


芥川賞 諏訪哲史さん  直木賞 松井今朝子さん

第137回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が
7月17日夜、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に諏訪哲史
さん(37)の「アサッテの人」(群像6月号)、直木賞に
松井今朝子さん(53)の「吉原手引草」(幻冬舎刊)が決
まった。

芥川賞:「アサッテの人」 
諏訪哲史さんの受賞作は、「ポンパ」という意味不明の
言葉を口走る叔父を題材に小説を書こうともがく様子を
描いた作品。

小川洋子選考委員は、「論理的で綿密に計算され、構成
された作品でありながら、頭でっかちになっていない。
叔父さんの体温が伝わってくる」と評価している。

名古屋市西区に住む母親の諏訪玲子さん(63)は、電話で
受賞を知り「すぐに昨年亡くなったお父さん(雅也さん)
の遺影に報告をしました」と喜びを語った。
母親の玲子さんは「吃音は哲史自身のことですし、ポンパ
はお父さんの口癖でした。以前、哲史が『うちの家族の中
でしか通じない言葉を、いつかみんなに分かってもらえる
ようにするから』と言っていたのを思い出しました」と
コメントしている。

また、妻敬子さん(37)は「受賞作は本人の普段の生活そ
のまま、という作品です。こんなことってあるんですね」
と声を弾ませていた。

直木賞: 「吉原手引草」
松井今朝子さんの受賞作は、神隠しにあった花魁(おいらん)
のなぞを江戸・吉原の遊郭の住人たちが語っていく時代小説。

浅田次郎選考委員は、「全編立派な江戸言葉で通し、傑作に
して力作。歌舞伎界の経験をもとに吉原を立派な舞台に仕立
て上げた」と絶賛している。

松井今朝子さんは京都の祇園生まれ。松竹勤務後、歌舞伎の
上演台本作成や研究を経て、1997年小説家としてデビュー。
1998年、「仲蔵狂乱」で時代小説大賞を受賞している。

今回の受賞を松井今朝子さんは「文芸の世界にうとい私には
猫に小判かもしれないが、今後も誠実に自分の思いを伝えたい」
と冷静に喜びを受け止めていた。

贈呈式は8月22日午後6時から、東京・丸の内の東京会館にて
行われる。

2007年7月18日

スポーツのニュース

魔裟斗、k−1 WORLD MAX カルバン撃破!

魔裟斗が、HERO’Sミドル級王者、J・Z・カルバンに
3−0で判定勝ち。

K−1 WORLD MAX 世界一決定トーナメント開幕戦
が、28日東京・日本武道館で行われた。

日本のカリスマファイター、魔裟斗(28)VS 総合格闘技から
殴り込んで来た異能のファイター、J・Z・カルバン(23)。
開始ゴング直後、飛びかかって来たカルバンの右をもらい、
さらには前蹴りを放った右足をつかまれ、重量感のある右
ストレートを食らった。
「2発くらいもらってクラッときた」と振り返っている。

しかし、武道館を埋めた1万2628人の大声援の中、左右の
コンビネーションとワンツーからのキックをロー、ミドル、
ハイと矢継ぎ早に打ち分ける。右ストレートはラウンドごと
に4、5発クリーンヒット。ビデオで練った対策は「効果的だ
った」と振り返ったように、相手のスタミナと戦意を奪った。

魔裟斗は、それを可能にする肉体改造もしてきた。
「上体の筋肉が落ちて、下半身に筋肉がついた」と土居進
トレーナーは言う。
練習では、4分間で60発が限界だった蹴りが100発に増えた。
パワーだけでなく、スピードとスタミナもつき、理想的な体
は完成しつつある。

判定は3人全員が30―27のフルマークで魔裟斗が圧勝。

「試合はまあまあかな。倒せるに越したことないけど、
力が均衡してくれば仕方ない、3Rで倒すのは難しいね。」
と魔裟斗は笑顔で語った。

「カルバンを投げられたことが嬉しかった」と、
組み合った時にも力負けしなかったことが自信となった。

昨年は、準々決勝で右足を骨折し果たせなかった王座奪還。
「今年は頑張るために現役続行を決めましたからね」
10月3日の決勝トーナメントに向けて8月に合宿を行う。
反逆のカリスマ、魔裟斗の王座奪回への挑戦はまだ続く。

史上初の連覇を狙うブアカーオ・ポー・プラムック(25)も
判定勝ちで好発進。
日本武道館で行われる10月3日の決勝トーナメントには
魔裟斗のほか、ブアカーオら7人が進出。
残る主催者推薦の1枠を狙う小比類巻貴之(29)、
TATSUJI(25)も快勝した。

2007年6月29日

芸能のニュース

ZARDの坂井泉水さん音楽葬


ZARDのボーカル坂井泉水さんをしのぶ会が、6月27日
東京都港区の青山葬儀所で行われ、4万人を超すファン
が会場を訪れた。

ZARDのボーカル坂井泉水さんは、5月に入院していた
病院で転落し、40歳の若さで亡くなった。

開門予定時刻は午前10時だったが、予想を上回る行列
ができたため9時20分に繰り上げられた。

20万本の花が会場を包み、祭壇には、お気に入りの場
所だったというレコーディングスタジオが再現され、
生前愛用していたマイクやヘッドフォンが並べられた。

hedfhon.jpg

また、何度も書き直された、代表曲「負けないで」の
直筆の歌詞も飾られていた。

会場では献花用の花として、坂井泉水さんが大好きだった
花「カラー」のクリスタル・ブラッシュが配布され、
たくさんのファンが彼女の遺影に花を手向けた。

ZARDのボーカル坂井泉水さんをしのぶ会は、終了予定
時刻の午後7時を過ぎてもファンの長い列が続いたため、
主催者側が弔問時間を延長。

午後8時半すぎには敷地内に設置した369インチの巨大
スクリーン前が解放され、ファン3500人が坂井さんの
ライブ映像に見入った。午後9時20分、坂井泉水さんの
ライブ映像とともにファンによる「負けないで」の
最後の大合唱が始まった。

makenaide.jpg
ファン3500人による大合唱

数々のヒット曲と共に時代を駆け抜けて行った坂井さん。
そして今、再びZARDの人気に火が付いた。

去年発売のベスト盤は、200位圏外だったのが、
一気に3位、そして翌週には2位へと急浮上。
他にも過去のアルバム5枚が100位以内にチャート入り。

さらに大手カラオケ会社では、ZARDの「負けないで」が
坂井泉水さんが亡くなった週は63位までジャンプアップ。
次の週は63位から7位まで急上昇している。

一方ZARD関連の出版物も売り切れ状態。
出版されるとすぐに完売してしまう状況だという。

多くの人々の心に、様々な想いを残し、去っていった
坂井泉水さん。ご冥福をお祈りします。

2007年6月28日

社会のニュース

京浜東北線、湘南新宿ラインなどストップ 架線切断で停電



さいたま市のJR東日本の宇都宮線さいたま新都心―大宮駅間
で架線が切れ停電。

6月22日午前7時55分ごろ、さいたま市のJR東日本の宇都宮線
(東北線)さいたま新都心―大宮駅で架線が切れ、停電する
事故が発生した。

この影響で同線上野―宇都宮駅間のほか、
高崎線上野―高崎駅間の上下線、京浜東北線全線
(大宮―大船駅間)と、湘南新宿ラインの全線で運転を
見合わせている。

同社などによると、少なくとも3列車が駅間に停止しており、
乗客が一時、車内に閉じ込められた。
車内は冷房が切れ、蒸し風呂状態の車両もあるという。

乗客らは線路に降り、雨の中を最寄の駅まで歩いて埼京線など
に乗り換えている。

また、埼京線の上下線、川越線の大宮〜川越駅間上下線にも
遅れが出ている模様。

2007年6月22日

社会のニュース

シエスパ付属施設爆発で3人死亡


「シエスパ」付近を通行中だった男性が重体に

6月19日、東京都渋谷区松涛1丁目の、
温泉施設「シエスパ」の関連施設でおきた爆発で、
女性従業員3人が死亡した。

死亡したのは次の3人
日詰真里さん(51)
藤川広美さん(22)
千財明菜さん(23)

3人とも爆風で飛ばされ、体をたたきつけられた
ことによる多臓器損傷だったことも判明した。

通行人の無職男性、永里慶一さん(28)は
当初、煙を吸い込んだことによる気道熱傷で
全治1カ月程度と見られていたが、その後、左半身を
中心に全身の約30%がやけどしていたことが判明。

皮膚の移植手術を受け、集中治療室で治療にあたって
いるが、予断を許さない状況という。


また、警視庁捜査一課と渋谷署の調べで、
B棟地下1階機械室の換気扇が機能していなかった疑いが
あることが21日、わかった。

機械室は周辺の住宅や商業施設に配慮し、ポンプの騒音
を漏れにくくするため地下一階に設置。

窓などがない密閉に近い構造上の問題があったのに加え、
換気扇が機能しなかったため室内に天然ガスが充満した
可能性が出てきた。

捜査一課は、現場で見つかった換気扇を詳しく調べる
とともに、保守管理が十分だったか関係者から事情を
聴いている。

社会、政治、経済、スポーツ、芸能ニュース、子どもニュース、ニュース速報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。